上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
外部の足場を解体しています。

足場の解体

外観がハッキリと現れます。



スポンサーサイト
2012.11.09 Fri l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 大安吉日の今日、雨の中の地鎮祭。

609地鎮祭

木曽御嶽神社を祀る神主の斉藤さんにより、略式としない地鎮祭です。

式の後半では4本の破魔矢を放つ「破魔矢の儀」

破魔矢の儀

破魔矢

建て主さんも一本の矢を放ちました。

青竹斬り

最後は日本刀で4本の青竹を斬り地鎮祭の終了、
平安時代からの形式を略さず行うので、式の所要時間も一時間以上掛かりました。

2012.06.09 Sat l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 明日は地鎮祭で前日の準備と地縄張り。

梅雨入り前の最後の晴天は、30℃の真夏日となりました。

地縄とは、家が建つ予定の場所の4隅に杭を打ち、地縄を張り建物配置の確認です。
手前の貫は「GL、玄関土間、基礎高さ」など、高さを確認するための

地縄張り

そして、建物の中心に青竹4本建て、明日の地鎮祭の準備です。

2012.06.08 Fri l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先日土を採取し行った土質試験(圧密試験)の結果、地盤は良好であると判明。

地盤改良は行わず、ベタ基礎による基礎工事でOKとなりました。

圧密試験報告

2012.05.10 Thu l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
地盤調査(SS試験)の結果では、
軟弱地盤があり圧密沈下が予想されるという結果がでましたが、
圧密試験・土質試験を実施し結果が良好であれば、圧密沈下が起きない事を証明できますので、土質試験のための土を採取しました。

SS試験では、試験結果によりN値(地盤の硬さの指標)と支持力が求められますが、
土の密度(どのくらいすきまがあるか)や圧密特性(どのくらいの荷重でどのくらい縮むか)に
対しての値が得られませんので、圧密試験・土質試験により更に詳しく調べます。

IMG_2362_R.jpg

試験結果は約2週間後です。

2012.04.20 Fri l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スウェーデン式サウンディング(SS)試験の実施

SS試験

SS試験は地中にロッドを貫入させて、土の抵抗を知ろうというものです。

極端なことをいうとシャベルで掘ったり、鉄棒を手で押し込んだりしても、
そのときの感触から土の抵抗は分かります。

原理としてはとても単純なことなのです。

SS試験ではこの抵抗を、荷重の度合いと回転数から客観的に数値化し記録します。

それをさらに、ある数式で換算することによって、
N値(換算N値)という土質工学の数値に置き換え、
軟弱度を判定する基準に仕上げます。

地盤調査

結果は後ほどですが、深さ2mと4m付近に自沈層があり、
ベタ基礎で大丈夫かどうかの判定は微妙なラインのようです。

2012.04.09 Mon l 地盤・仮設 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。