上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
洗面所の壁や造作が進んでいます。

洗面室は部屋中で外部に面していないため、三方から明かり取りの欄間を設けています。

洗面所欄間



スポンサーサイト
2012.11.26 Mon l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
脱衣・洗濯室の天井張り。

天井板は杉の赤身板、本実加工品 t=12mm

脱衣天井

階段部分の裏側も杉板を張りました。

2012.11.23 Fri l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
一階キッチン収納のパントリー天井を張っています。

二階のトイレの給排水を隠すパイプシャフトが、奥の壁です。

パントリー天井

2012.11.20 Tue l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
脱衣・洗濯室、パントリーの壁に、石膏ボードを張っています。

洗濯室の南壁は階段の裏側になり、斜めの壁をつくります。

脱衣壁張り

壁の次は天井張りです。

2012.11.19 Mon l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 二階の部屋と吹抜けをつなぐ開口の窓

二階の寝室と子供部屋から、吹き抜けの空間につながる窓(引き違い戸)があります。

その開口の造作(窓の敷居=窓台と鴨居=窓まぐさ)が入り、ボードも張り上がりました。

吹抜けの部屋窓


2012.11.07 Wed l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二階の内壁、石膏ボード張りが進んでいます。

梁と柱を現しの真壁なので、細かな作業となっています。

二階ボード張り

大工さんの久保田さんがボードをカットして、奥さんがビス留めの
分担作業となっています。

2012.11.06 Tue l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二階の壁、石膏ボード張りが始まりました。

吹き抜けのキャットウォーク上の壁。

キャットウォーク石膏ボード

左側の開口は、キャットウォークへの出入り口です。

2012.11.03 Sat l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (1) l top
窓枠を入れると、窓枠と下地の窓台窓まぐさの間に、小さな隙間ができます。

その部分はパーフェクトバリアの断熱材が充填できないので、
発泡ウレタンを充填します。

こんな小さな隙間も、断熱欠損や気密不足になるので対処します。

窓枠周り発泡ウレタン

外周り壁の気密シート(ポリエチレンシート)も貼りました。

2012.11.02 Fri l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二階クローゼットの上はロフト(収納)になります。

二階の床と同じように、厚さ40㎜の杉縁甲板を張っています。
ロフトの天井兼ロフトの床です。

ロフト床


2012.10.30 Tue l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二階の天井は屋根の勾配なりに、タルキに杉の羽目板を張っています。

羽目板は杉の赤身板を使った、厚さ12㎜の本実加工板です。

張り始め、張り終わりは突き付けで、見切り材は使いません。

二階勾配天井

そんな手の掛かった作業でしたが、すべて張り終わりました。
2012.10.30 Tue l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二階の天井は、勾配なりに杉の羽目板を張ります。

タル木の間に断熱材パーフェクトバリア100ミリを充填し、気密シートを貼ります。

天井気密シート

羽目板を張るにあたり、気密シートの上に胴縁を流します。

天井羽目板

天井板は杉の赤身板、厚さ12mm、幅120mm本実加工の羽目板です。

2012.10.24 Wed l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 杉赤身板27mm厚の一階床板張りが終わりました。

杉赤身一階床

テラス戸(掃き出し窓)前には、床下暖房の吹き出し孔(600mm×2)が設置します。

2012.10.12 Fri l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 一階の床張りも大詰めとなってきました。

南側のリビング・ダイニングの間を張っています。

リビング床張り

立っている床板は乾燥するためではなく、無垢の木なので色合いがまちまちのため、
同じような色合いに張れるように、一度広げて選別しているのです。

2012.10.11 Thu l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
一階の床も北側半分が仕上り、南側半分の根太下地組み

南側はダイニングとリビングのワンルームなので、床張りの手間も掛からずに張れます。

リビング根太組み

根太は桧の45mm角@303

2012.10.06 Sat l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。