上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 東武伊勢崎線の多々良駅近くで着工となる木の住まい、
こちらのブログにて施工の様子を紹介していきます。

いつもと同じく松島匠建の山の木である地場の木材をふんだんに使い、
塗り壁などの自然素材をも活用した気持ちのいい家。

充填断熱(パーフェクトバリア100mm)+外張り断熱(アキレスQ1ボード)の付加断熱。
そして、外窓はLow-eトリプル樹脂サッシ(テラス戸はLow-eペア+将来内窓)を使って熱の出入りの少ない建物に。

熱損失係数Q値は1.8W/㎡・K

他にも見所が随所にあり、最後はお施主様のセルフによる塗り壁となります。


スポンサーサイト
2012.04.08 Sun l 地産地消の木の家 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/107-52a6e276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。