上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
青空が広がり梅雨の中休み、いよいよ基礎工事が始まります。

最初に南面の基準ライン「道路境界から5.5m」を出します。↓
基準線出し

次に東側境界から基準点を出し・・・・・
4面の建物ラインを出し、建物位置が決まりました。

建物のラインから70cmほど外側に遣り方杭を打ち、杭に水盛り(基準の高さ)線を出します。↓
遣り方貫

基準の高さが出たら遣り方貫を打ち、その貫に建て物一の墨出しです。

高さの基準と建物の位置が分かるためのこの作業が「水盛り遣り方」です。

地盤を水平に均し、根掘りのための白線を引きます。↓
建物位置白線

外周りの地中梁はこの地盤より下がりますので、根掘りが始まります。

スポンサーサイト
2012.06.26 Tue l 基礎工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/114-70d5f830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。