上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
窓枠を入れると、窓枠と下地の窓台窓まぐさの間に、小さな隙間ができます。

その部分はパーフェクトバリアの断熱材が充填できないので、
発泡ウレタンを充填します。

こんな小さな隙間も、断熱欠損や気密不足になるので対処します。

窓枠周り発泡ウレタン

外周り壁の気密シート(ポリエチレンシート)も貼りました。

スポンサーサイト
2012.11.02 Fri l 内部大工事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/206-ea42ae03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。