上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「珪藻土(ケイソウド)」の塗り壁について、壁材として固めるためにはこんなことがあります。
最近注目されている左官材料の「珪藻土塗り壁」については何度かお伝えしてきました。

そして左官材として珪藻土を活用するに必要なことは、
【珪藻土自体は自分で固まる性能が無いので、固める「つなぎ的なもの(凝固材・固化材)」が必ず必要になり、「そのつなぎに何を使うか?」が一番大事な点です。】 

新建材のような均一な仕上がりを重視するメーカーでは、その凝固材に「樹脂(接着剤)」を使用しています。しかし「樹脂」を使用することにより、珪藻土の最大の特性である「調湿に必要な“多孔質”を塞いでしまい、本来の性能を損なった素材」と化してしまうのである。

また、「樹脂」を使用しない場合は石膏や石灰、白セメント、粘土などを使用しますが、これまでは「珪藻土の混合割合が50%を超えると全く固まらず商品にならない」とされ、「珪藻土」の混合割合は40%程度が限界で、10%以下の商品も多々流通していました。

それが珪藻土塗り壁市場の現況とも言えます。

▼ここで「樹脂入りの珪藻土」「珪藻土割合の少ない珪藻土」などまがい物珪藻土と本物の珪藻土の簡単な見分け方をお伝えします。

実際に塗った珪藻土壁、或いは各メーカーの実物サンプルなどをお持ちの場合、その壁材に霧吹きなどで直接水を吹きかけて見ます。


・ まがい物珪藻土は、表面張力のように最初は水をはじき、じわじわと吸い込んでいく。(吸い込むスピードが遅いほど“まがい物度が高い”) 
・ 本物の珪藻土は霧を吹いた瞬間にサッと水を吸収します。

いまや珪藻土塗り壁を販売しているメーカーも数多いので、成分の表示や珪藻土の含有率など確かめてみてください。
スポンサーサイト

2005.11.28 Mon l 安心健康住宅 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/21-e2eb35f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。