上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
4月の末から始めた、地元のお客様のお宅のリフォーム工事も、完成間近です。

リフォーム工事
檜縁甲板

キッチンとリビング、そして奥の畳の間とそれぞれ床の高さが違い、段差の多いお宅でしたが、三つの段差を二つにして、リビングを中心として4部屋と玄関のリフォーム工事でした。

築200年の古い民家のため、既存の敷居や差鴨居のレベル(水平)が悪く、床張には一苦労でした。

檜無垢の二段階段

↑その昔は2階で蚕を飼っていたため低い梁があり、床の高さを上げる事ができず、キッチン・リビングと、奥の畳部屋は40cm以上の段差があり、檜の無垢板で二段の階段を作製しました。

桝格子引き違い戸

↑リビングとキッチンはオープンにしてLDKの間にし、二箇所の桝格子3本引き戸を入れ、普段は開けてオープンに、冬場や来客時などには適宜引き戸を閉めて間仕切り。
スポンサーサイト

2008.06.12 Thu l リフォーム l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。