上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
家族の幸福の城を築くべき“マイホーム”ですが、その幸福の我が家が原因となり「シックハウス症候群」なる病気が急増しています。
それらを受けて、政府国土交通省は改正建築基準法にて、シックハウス対策規制を導入し、平成15年7月1日から施行となり、現在実施されていますが、その内容の主なものは次のとおりである。

 ●ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制 
(1)内装仕上げの制限
内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材に対して、建材の種別によって制限されています。
(2)換気設備設置の義務付け
   原則として、全ての居室に機械換気設備の設置が義務付けられています。
(3)天井裏などの措置
   天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐための措置が必要となります。

 ●クロルピリホスの使用禁止 
  クロルピリホスとは、有機リン系のしろあり駆除剤です。
  居室を有する建築物には使用が禁止されています。

しかしながら、現行の規制に対する問題点と、現在のシックハウス住宅の根本的な問題点は?

① 「シックハウス症候群』」の原因物質としては、「ホルムアルデヒド」と「クロルビリホス」の上記2物質のほかに、トルエンやキシレン、エチルベンゼン、スチレン、アセトアルデヒドなど主に13種類の化学物質が挙げられていますが、これらは今回の規制対象にはまったく入っていません。

② ホルムアルデヒド放散量の国内規格に関して、最高基準の『F☆☆☆☆』と言えども、放出量をゼロに抑えたわけではなく、室内換気がなくては濃度が高まる危険は充分にある。

③ 住宅の気密性が年々高まり、機械的な換気設備に頼らなければならない状況。

④ 結露などによって発生するカビやダニなどもシックハウスの原因とされるが、室内に使用される素材がビニール系のものが多く、調湿作用や空気の浄化作用の期待ができない。


以上、現在住宅にシックハウスが蔓延しつつある状況、並びに現況のシックハウス対策は、「住まい手重視ではなく造り手の都合を重視した」家づくりの延長であり、現在の住宅の根本的な構造を見直すことが必要である。
スポンサーサイト
2005.06.15 Wed l 安心健康住宅 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/8-b0210161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。