上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 天気が続き、屋根の下地も順調に進行しています。

屋根の構造は、垂木(105mm)→野地板(12mm、軒は化粧)→断熱材(45mm)→通気層(27mm)→野地板(12mm)→ルーフィング→屋根仕上げ(ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き)と多重な構造です。

今日は軒先の通気孔と化粧野地板張りです。
通気ネット
 軒先の通気層の入り口には、ステンレスのパンチングメタルを張って、防虫網となっています。

軒先化粧野地板
 軒先はタル木と野地板が現しになりますので、杉の羽目板を張ります。

杉化粧野地板
 下から見上げるとこんな感じで見えます。
スポンサーサイト
2011.09.09 Fri l 未分類・その他の記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/91-1f6e78c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。