上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今週も残暑厳しい週の始まりとなり、北面屋根の作業です。

前々回の記事に書いたように、屋根の内部構造は野地板と野地板の間に、断熱材と通気層がサンドイッチとなっています。

室内となる屋根上に断熱材はアキレスのQ1ボード(45mm)を張り、通気層は杉胴縁(27mm)の施工です。

アキレスQ1ボード
 アキレスのQ1ボード45mmを設置し、継ぎ目は防水テープで目留めしました。

屋根通気
 屋根の通気層は一般には18mm程度のところ、ここでは27mmの通気層を確保しています。

通気の道
 トップライトの部分も通気が止まらないように、通気の流れを考慮しています。
スポンサーサイト
2011.09.12 Mon l 未分類・その他の記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/93-8dfcfdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。