上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 屋根は仕上げの鋼板葺きを残してルーフィング張りまで進み、雨はしのげる状況となりました。

次は構造補強の耐力壁として、筋交い入れと同時に間柱入れです。
45×90の2倍筋交いを柱間に入れ、建物の荷重を始め地震や風力に対する構造の安定を図ります。

1階筋交い

筋交い間柱
 耐力壁は設計の段階で、バランスと耐力を計算して配置してあります。
スポンサーサイト
2011.09.14 Wed l 未分類・その他の記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kigocoro.blog14.fc2.com/tb.php/95-67082db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。